Facebook

Instagram

TO SEE / EXPERIENCE

観る・体験する

観る

体験

津具城址
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
立 地
下津具の北西寄りにあって、津具集落では中心部に位置する。
通称城の腰と呼ばれ標高756mの山頂部に築かれている。
本曲輪から下津具全域を望むことができ、西の三本松砦と南の平山城ケ峯・東の大峠砦が直視できる。
城の南側は急峻な山腹から比高約95m下の津具川(大入川)にいたる。
東側は寺沢の渓谷・西側に神明川まで比高約80mの急斜面が続く。北側の尾根を堀切で分断した大変堅固な城構えとなる。
 
城 歴
城主は後藤九郎左衛門善心が知られ、永禄5年(1562)今川氏の渡辺平内次が白鳥山城主後藤善心を攻め降ろしたと記され、戦国後期の構造をよく残していることから、この頃の築城と思われる。
永禄12年(1569)徳川家康に属した名倉寺脇城の奥平信光の攻撃を受け落城した。この時、善心と長男次男は戦死、三男の政芳は城を脱出し信州へのがれ、津具城は廃城となった。
 
見どころ

後藤善心供養塔

後藤善心は武田氏が三河に入るやこれに応じたため、永禄十二年(1569)4月7日、徳川家康に属した作手奥平九八郎貞能、名倉奥平喜八郎に攻められ落城、二子と共に戦死、夫人もこれに殉ずる、三男安乗は乳母に抱かれ信州に逃れた。この塔には、寛政4年壬子年造立之也とあり、左側面に後藤善心の塔と刻まれている。

善心の墓といわれる宝篋印塔

(下津具中留)
この地域最大といわれ、三河の国墳墓記に記録されている。
愛知県文化財保護指導委員 加藤博俊

 

津具城 御城印(設楽町観光協会 山城御城印)

令和3年3月1日より、“設楽町観光協会窓口”にて、設楽町の10城の「御城印」を販売しております。
【価格】1枚300円(税込)/10枚セット3,000円(税込)
【城名】長江城・清水城・小鷹城・湯谷城・田峯城・岩古谷城・田内城・寺脇城・鍬塚城・津具城(10城)
※「バラ売り」「まとめ売り(10枚セット)」どちらも可能です。

【所在地】設楽町田口字辻前14
【販売時間】9:00~17:00
【閉庁日】土・日・祝日
※ 設楽町観光協会は令和3年5月道の駅したら内に事務所が移転予定です。(年中無休)移転までは上記の内容で販売いたします。
 
住所 設楽町津具
電話番号 0536-62-1000(設楽町観光協会)

USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

INSTAGRAM

@sitarakankou