Facebook

Instagram

TO SEE / EXPERIENCE

観る・体験する

体験

長江城(永江氏歴代の居城)
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
立地
長江集落の北側標高七三七mの山上に位置する郡内で最も古い城の一つである。北と西側は急斜面が県道まで続き、東側の大鈴山に続く尾根を大きく堀切っている。南側に百五十m・比高六十m下がると二の曲輪、ここから南側に百m・比高三十五m下がると三の曲輪となって急斜面が県道まで続く。
城歴
建久年間(二九〇〜二九八)源平合戦の軍功により、源頼朝から永江荘の地頭職に任命された永江八郎時俊以下十三代にわたり、永江八邑を納めたといわれる。長江城が築城された年代は定かでないが、鎌倉幕府滅亡後南北朝の争乱に巻き込まれ、終始南朝方について戦い、南朝の衰退とともにこの地を去り廃城となった。

大沢寺跡

尊出平の上側に平らな跡地があり、ここは寺所(てらと
こ)という地名が残っており、設楽町誌によれば、「永江氏
の菩薩寺大沢寺跡とされていて、弘安9年11月(1286)に永江城主であった永江貞俊が葬られた場所といわれ、一石五輪塔が二基存在している。永江貞俊の子了厳が大沢寺住職になっていることが記されている。

 遠山家庭先に立ち、幹が根元から二本に分かれ根回り7.5m目通り5.3mと2.8m、樹高15m東海地域屈指の大木として知られる。根元に多くの石仏や祠が祀られ、御神木として大切にされている。ヒノキは建築材として用いるため大木として残るのは大変珍しい。
住所 北設楽郡設楽町長江字松ケ根3番地
電話番号 設楽町観光協会 0536-62-1000

USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

INSTAGRAM

@sitarakankou