Facebook

Instagram

TO SEE / EXPERIENCE

観る・体験する

観る

津具金山(信玄坑)
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
1572年(元亀3)頃のことです。津具に砂金が出ると知った武田信玄はこの地で砂金の採取を始め、いくつもの坑道が掘られました。いわゆる甲州金二十四万両はこの地で採掘したと言われています。その後、津具金山ではアンチモニー、タングステンなども産出したため金山としては閉山し、津具鉱山となりました。信玄が開発したことから「信玄坑」と呼ばれたこの場所は、現在では封鎖され、文化財として保存されています。
現在は金山の坑道内に入ることはできませんが、入口の様子を見ることはできます。
住所 設楽町津具字団園畑
アクセス 新東名 新城IC⇒国道151号⇒国道257号 約1時間
豊川⇒国道151号⇒国道257号で約90分

USEFUL INFORMATION

お役立ち情報

INSTAGRAM

@sitarakankou